西郷隆盛

こんにちは!

私は西郷隆盛が大好きです。

キリスト教思想家として知られる内村鑑三も、

日蓮二宮尊徳と共に

代表的日本人の一人として

西郷さんを挙げていますね。

幕末のことです。

西郷さんは、

討幕運動を通して知り合った

清水寺の僧月照上人と共に、

幕府の弾圧の手を逃れて、

薩摩に逃げ延びるため京都を出発します。

過酷な逃避行の途中、

西郷さんと月照上人は、

抱き合って錦江湾に身を投げたと伝えられています。

救助の人が付近を捜索して、

西郷さんは助かったのですが、

月照上人は息を引き取ったのでした。

一方、

二人をかくまい、

逃亡を助けた寺侍近藤正慎は捕えられ、

厳しい拷問にかけられたのですが、

口を割ることなく、

自ら舌を噛み切って命を絶ちました。

清水寺に行くと、

今でも舌切茶屋忠僕茶屋として

2軒の茶屋が並んで立っています。

子どもの頃から、

近藤正慎はご先祖さんと聞かされていましたので、

西郷さんには殊のほか親近感が湧いてくるのです。

ちなみに私の父親は近藤正次と言います。

西郷南洲遺訓山田済斎編岩波文庫より、

西郷さんの心に残る遺訓をご紹介させていただきます。

道は天地自然の物にして、人は之を行ふものなれば、天を敬するを目的とす。

天は人も我も同一に愛し給ふゆゑ、我を愛する心を以て人を愛する也。

参考文献内村鑑三代表的日本人岩波文庫

〜自然に学び、自然に帰る〜

株式会社トータルヘルスデザイン

近藤洋一

広告を非表示にする