シドニー旅行

7月12日の夜の羽田便でシドニーへ行ってきました。

今回は夫の急な出張について行く形での旅行でしたので、出発の2日前にチケットをとり、かなりバタバタな出発でしたが、無事楽しい旅行となりました。

シドニーについたのは、7月13日の朝8時ごろ。

飛行時間は10時間ほどでしたが、夜便でしたので、息子は機内で爆睡。

ただバシネットではあまり寝ず、ほぼ抱っこで10時間でしたので、私は少疲れましたがシドニーに行ける喜びでテンション高めでしたのでなんとかなりました。

シドニーの空港に着きまずはじめに驚いたのは、空港の税関の厳しいこと。

離乳食1つでも持ち込む場合は、申請しなければなりません。私たちはスーツケース1つでしたので、関税の手続きは夫に任せ、私と息子は到着ロビーへ。コーヒーを飲みながらゆっくりと夫を待ちました。

30分ほどで夫も出てこられたので、タクシーに乗りホテルへ。

オーストラリアでは、一歳以下の赤ちゃんを車に乗せる場合はベビーシートでの乗車が義務付けられています。それは、タクシーに乗る場合でも同じ。

ベビーシートを積んでいるタクシーは大きめのワゴン車でベビーカーもたたまず乗せられるのでとても便利でした。

ベビーシート初の息子でしたが、とても座り心地が良かったようで、すぐに眠ってしまいました。今回の旅行中はベビーシートに乗る機会が多かったのですが、その都度寝てくれて私たちとしてはとても楽な思いができました!

夫はこの日の夜、クライアントとの会食があったので、日中はのんびり過ごすことに。

ホテルに荷物を置き、着替えます。

7月のシドニーは冬で17度くらいでした。

お部屋からの景色がとても気に入りました

お腹も空いたので、ブランチに行くことに。

ホテルはtherocksというエリアにあり、素敵なお店もたくさんありました。が、結局ローカルなベーカリーでお食事をすることに。

オーストラリアらしい、ビーフパイとチップスのブランチ。

夫は学生時代にメルボルンに住んでいたので、懐かしがって食べていました。

その後、周辺をお散歩。

オペラハウスが綺麗でした

夫の夜の仕事に備えて、一旦ホテルで仮眠。

息子もお昼寝してくれました。

お昼寝から目覚めてもまだ14時ごろでしたので、お外にお散歩へ

シドニーの中心地、シティと呼ばれる辺りです。

海外はそこら中にお花屋さんがあってかわいい

東京の街中と同じようなお店がたくさんありました。

ホットチョコレート絶品でした!を飲んだり、適当に食べたりしていたらお腹いっぱいになってしまったので、私はお夕飯はパス。

夫も仕事の準備をするためホテルに戻りました。

クライアントとの会食は夜8時からでしたので、7時半ごろホテルから出発。

出る前に息子をお風呂に入れて行ってくれたので助かりました

息子も疲れていたのか、夫が出発してすぐに就寝。私はのんびりタイムを過ごせました

夜中に夫が戻り、なぜか起こされ会食の報告をしてくれました笑

ベッドの質も良く、その後ぐっすりと眠れました

2日目に続きます。。