2017年ニューイヤー駅伝回顧28位ホールディングス

28位ホールディングス

過去5年間の順位18位、15位、21位、20位、20位

1区松田佑太日本体育大区間33位48秒差

出場3回目15年2区28位、16年3区5位

2区サイラスキンゴリ仙台育英区間29位32位通過

初出場

3区沖守怜國學院大区間26位29位通過

出場2回目16年2区39位

4区菊池貴文国士舘大区間24位27位通過

出場2回目15年6区20位

5区橋爪考安松蔭大区間26位28位通過

出場4回目14年3区23位、15年1区15位、16年1区32位

6区西澤俊晃駒澤大区間34位29位通過

出場2回目16年7区13位

7区飯沼健太平成国際大区間22位

出場7回目14年4区20位、15年3区25位、16年4区17位

新加入選手

石橋安考東海大

林竜之介東海大

千葉直輝滋賀学園

毎年日本人の編成ながら、中盤順位を安定して

確保していた。

キンゴリ選手の加入で、どれだけ入賞に近づけるのか

注目していましたが、順位を下げる結果となってしまいました。

あわや関西の枠減につながる31位以下も迫る

苦しい展開となりました。

昨年も山本選手を欠きながら、20位と順位を確保しましたが、

今年はその粘りも発揮できませんでした。

ニューイヤー本を見返したら、関西予選もチームを

組むのがギリギリだったということで、チーム状況は

良くなかったようです。

1区の松田選手で後手を踏んだのがかなり

痛かったです。

松田選手であれば、万全なら1区で秒差の上位で

つないでもおかしくはありません。

2区のキンゴリ選手でも、順位を大きく上げることは

できませんでした。

高校駅伝で強くても、インターナショナル区間の1年目では

中上位で来れません。

2区が終わって32位と苦しい展開。

ただ、昨年は2区終わり36位で20位まで戻したのですが。

全体的に全員が大きく崩れなかったものの、

力を出し切れなかったという印象です。

少しずつ各走者が歯車が狂ったままゴールしてしまった

ようなイメージです。

新エース菊池選手ももうちょっと良く走ってほしかった

ですし、橋爪選手は万全ではなかったかもしれません。

昨年アンカーで救世主となった西澤選手も

今年は順位を落としてしまいました。

本来なら4区で走ってほしかった飯沼選手ですが、

福岡国際マラソン明けで7区に回ったのかなと。

順位を一つ上げて28位でのゴールとなりました。

部員数も17名と増え、このまま28位という訳には

いきません。

まずは関西王者の座を取り戻して、ニューイヤー駅伝では

入賞を視野に入れてほしいです。

新人も楽しみです。

石橋選手は、駅伝に強いイメージでさっそく

主要区間で期待できるかなと思います。

林選手もメンバー争いには加わり、層が厚くなるでしょう。

千葉選手は、高校ではトップクラスのようですので、

大卒の強い選手にどこまで挑んでいけるか。

神奈川大のエース格だった柿原選手辺りにも

出てきてほしいです。

4区は飯沼選手か菊池選手で。

山本選手が脇を固めるようだと、面白くなりそうです。

木原選手がどこまで力を戻してこれるでしょうか。