手術翌日

ベランダでトマトが育ちました。

6月6日に手術をし、7日に歩くよう言われる。

昔とは違うのだろうけど、この傷で?

この下、手術のあとの写真あり。

グロいです。注意。

白いのがおへそ。

おへその上から、下はおけけの中までガッツリ切られています。

体感的には、鉄板をお腹に乗せられている感じです。

重いです。

起きてみるだけで、血圧が60まで下がり、立ちくらみ、星が舞う。。

今日は無理やねと

看護師さんもあまりの血圧にびびってました。

そりゃ、お腹こんだけ切って、内臓いっぱい切って、お腹からこんなに血が出てるんやから立ちくらみは当たり前やわ

とのほほん王子

冷静な分析より、かわいそうによしよしってされたいけど、彼はそんなキャラではない

お腹のドレーンが動くたび、体内のなにかに当たり、気持ち悪い。

おしっこのカテーテルに関しては他に痛いとこが多すぎるため、なんとも感じない。むしろ、トイレいかんで楽チン、くらい。

しかし、おしっこをかわいい看護師さんに回収され、ナプキンかえてもらい、なんともすごい経験や

二日目になり、そんなことを考えられる余裕が出たのか。

まだまだ痛みと軽い吐き気はあるけど、体ってすごい。

広告を非表示にする