刺し子ハマってます。

とある飲んだ帰りに、友人に、乗り気しないのに手芸屋に連れてかれました。その友人が刺し子が面白いと。しかし、私にはゲームもあるし録画した番組もたまってるし、そんな時間ないよーとしぶしぶ(?)着いて行ったら、キットを見てるうちになんとなく買ってしまった。

そして、なんとなく始めてしまった。。

ら、ハマったのなんのって。

ゲームもテレビもそっちのけで、休日には引きこもってチクチクチクチク。

あー、集中するって気持ち良い。

自分で柄を書くほどではないから、柄の入った花ふきんを買って、点線通りに縫っていくだけ。ひたすら縫い続ける、それが楽しくって

まあ、相変わらず不器用なので、点線あるのに点線通りにはいかない、それも愛着。

基本はひたすら縦に縫う、次は横に縫う、縫い上がると幾何学模様になるという簡単な刺繍みたいなものです。玉止めしない縫い方も出来るようになってきた。

花ふきんが2枚完成したところで、私の中の応用編、こぎん刺しに取りかかりました。

こちらは繊維の目に沿って、ひたすら刺繍をしていく感じ。

・・・老眼にはツラい

途中断念しそうになるも、出来上がりの達成感はハンパない。

こちらは編物の編み図みたいに柄の図があるから、まっさらな布に図の通りに刺繍をし続けていきます。目が細かすぎてめげそうになる。コースター以上のものは、私には壮大過ぎて無理〜

でも、これが仕上がったらこぎん刺しの本買おっかなー、なんて少し思ってます。

とにかく、ひたすら縫いたいこの頃。

休日にチクチク縫い続けてると、住んでる町の静かさに幸せを感じる。1日中鳥の声、夕方にはお寺の鐘の音、、長閑だな〜・・・結構遠い距離にいるヒトの咳払いとか、物音とか、静かな町だから聞こえてくるんだなー。やっぱりこの町好きだー

と、チクチクしてるだけで、なんだかすごく幸せになれる日々なのでした。